MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 魚類

トビウオ①
【東京雑学研究会編】

§トビウオはなぜ飛べるのか?

その名のとおり、海面をスイスイと飛ぶトビウオ。ほかの魚も水面からジャンプすることはあるが、ほんの一瞬、垂直に飛び上がるだけであるところがトビウオは、ほぼ水平に長い距離を飛んで移動する。鳥でもないのに、どうしてあんなに飛べるのだろうか?
体の両脇で、まるで翼のように見えるのは、胸びれが大きく発達したものであるトビウオは、海面近くを泳ぎながら、尾びれを強く振ってスピードをつけると、水面からジャンプする。そして、この大きな胸びれと腹びれを振りながら、空中を飛ぶのである
いわば、胸びれが飛行機の主翼、腹びれが尾翼で、尾びれが弾みをつけるためのエンジンの役目をしていることになる。いったん弾みがつけば、後はグライダーのように滑空することができる。
通常の飛行距離は、八~一〇メートルくらいだが、種類によっては、三〇〇~四〇〇メートル飛行するものもある。飛ぶ高さは、海面から三メートルくらい上で、時速五〇キロメートルものスピードが出るそうだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670682

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 炭坑節  芸能デスク  男女マーク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト