MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 魚類

トビウオ②
【東京雑学研究会編】

§トビウオが飛びながら泳ぐ意外な理由

海面を飛ぶ姿は颯爽としているトビウオだが、実は楽しみのために飛んでいるわけではない。飛ぶことは、身を守るために不可欠の護身術なのである
トビウオは、泳ぎがあまり上手でなく、スピードが出ない。そこで、天敵であるシイラ、マグロ、イルカなどに出会うと、海面に一時逃亡して難を流れ、そのうちに飛ぶ能力が発達していったと考えられている。
小さな幼魚も空中飛行を行っているところを見ると、生まれながらにして飛ぶことができるか、ごく早いうちから、飛ぶための訓練を行っているのだろう
日本近海には、ハマトビウオ、ホソトビウオなど、およそ四〇種が生息しており、刺身や唐揚げとして、よく食卓にも上っている。脂分の少ないさっぱりした味で、旬は春から夏にかけて。夏の季語にもなっているほど、親しまれている魚である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670683

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト