MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 動物

毒ヘビ
【東京雑学研究会編】

§毒ヘビはなぜ毒を持つようになった?

世界で危険な毒ヘビは約四五〇種類以上いると言われている。これらの毒ヘビどうやらはじめは毒を持っていなかったようだ。獲物をより簡単にとるために、獲物を動けなくするために唾液が進化して、毒を持つようになった。ヘビが獲物にかみついたとたん、毒を注入しやすいように、あの鋭い牙も発達していったと考えられている。
多くのヘビは、前牙類といい、上あごの前端に牙を持っている。コブラ科、クサリヘビ科もこの仲間に属する。いまだに毒を持たないヘビも確かにいる。彼らはその昔、毒を持ったヘビよりも獲物をとることに、優れていたのかもしれない。
さて、この毒ヘビたちが持っている、毒の成分とはどんなものなのだろう主成分は、酵素やタンパク質であり、そのほかいろいろな成分が相乗効果によって毒の力を強く、そして早く発揮できるようにしている。毒は、神経系に作用する毒と、循環器系に作用する毒の二種類あるが、多くのヘビはその両方を持ちあわせている。毒ヘビの仲間には、とても凶暴で、人間がかまれると死亡するものもある。
毎年、数万という命が、これら毒ヘビによってうばわれていることも事実である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670671

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト