MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 社会

頭取
【東京雑学研究会編】

§銀行のトップはなぜ頭取というのか?

「頭取」という言葉は、意外や音楽のジャンルからきている。日本古来の音楽である「雅楽」からきている用語で、合奏するときの各楽器の首席演奏者のことである。そこから、転じて音頭を取る人という意味になった。
トップ(頭)を取った成功者という意味では、もちろんなかったわけだ。
日本の銀行制度ができたのは一八六九(明治二)年のことである。このとき、銀行は為替会社であり、トップを頭取と称した。一八七二(明治五)年に「銀行」と呼び名は変わったもののトップはそのまま頭取と呼ばれるようになったのである
ただし、最近では社長と呼ぶところが多いようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670662

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト