MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 天候

天気予報①
【東京雑学研究会編】

§天気予報の「一時雨」と「時々雨」ではどちらが雨の降る確率が高い?

「一時雨」は予報する時間帯の四分の一未満の時間降り続く雨のことをいう。また、「時々雨」は予報する時間帯の四分の一以上、二分の一未満、もしくは、降ったり止んだりする雨の合計時間が二分の一未満のことをいう。
だから「一時雨」よりも「時々雨」の方が雨にあう確率が高くなるといえるのだ。
例えば朝、「きょうの天気」で「一時雨」といった場合、日中の一二時間のうち四分の一、つまり三時間以内雨が降る、という意味であり、「時々雨」といった場合は三時間以上六時間以内雨が降り続ける、または降ったり止んだりするということになる。
「一時」と「時々」との使い方は「晴れ」や「曇り」や「雪」の場合も同じだ。
参考までに「晴れ」と「曇り」は雲量、つまり雲の量で区別される
雲のない状態を「雲量〇」、全天を雲がおおっているときが「雲量一〇」となる。雲量〇~一を快晴、雲量二~八を晴れ、雲量九以上が曇りとなるのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670646

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト