MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 天候

天気予報②
【東京雑学研究会編】

§天気予報の注意報と警報はどう違うのか?

気象庁では気象による「災害がおこる恐れがある」ときに気象注意報を出し、「重大な災害がおこる恐れがある」ときに気象警報を発表している。
気象注意報には「風雪」「強風」「大雨」「大雪」「濃霧」「雷」「乾燥」「なだれ」「着雪(氷)」「霜」「低温」「高潮」「波浪」「洪水」などがある。
気象警報には「暴風」「暴風雨」「大雨」「高潮」「波浪」「洪水」などがある。
一九九五(平成七)年から民間の気象会社でも天気予報ができるようになったが、注意報と警報は、災害に直接結びつく重要な現象の予報なので、気象庁のみが発表することができる。
注意報と警報は、全国七〇か所の気象台や観測所で発表され、発表されると即時、テレビラジオでその地域の住民に知らされ、都道府県、警察などの防災担当機関に連絡される
こういった警報や注意報を受けた防災機関では法律によって定められた「地域防災計画」にのっとって、河川や急斜面の見回りを行い、避難所の確保や避難通告の伝達など必要な防災対策を取らなければならない
注意報や警報は都道府県をいくつかに分けた「細分地域」ごとに発表される例えば東京では二三区、多摩東部、多摩西部に分けられている。
また、注意報や警報には数値としての明確な基準が定められているが、この数字は、細分地域によって異なる
例えば東京二三区では二四時間の積雪が五センチ以上と予想されるとき、大雪注意報を出しているが、新潟県の山間部では二四時間の積雪が六〇センチ以上にならないと大雪注意報は出されない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670647

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト