MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 天候

天気図
【東京雑学研究会編】

§明日の天気がわかるのは戦争のおかげ!?

必要は発明の母である。明日の天気を予測する天気図やはり誕生のきっかけはそれだったのである
一八五三年のこと。ナイチンゲールが活躍したことでも知られるクリミア戦争が勃発した。ロシアトルコパレスチナにある聖地の管理権をめぐって争った戦争である
そのときに、トルコ軍に加担しようとイギリスフランスの連合艦隊は黒海に集結していた。しかし、激しい暴風雨に大打撃を受け、そのうち一隻は沈没するという結果になってしまったのだ。敵は自然だったのである
フランスの国防大臣は、パリ天文台長のニヴェイラに調査を依頼した。彼はそれがスペイン付近から地中海を経て黒海に来た暴風雨だということを解明するとともに、きちんとした天気図があればそれが予測できたということも確信したのである
それでフランスは気象局を設けて、気象観測をはじめ、天気図きちんと製するようになったのだ。
ちなみに、初の天気図は一八二〇年にドイツの物理学者ブランデスによって発明されている。しかし、このときはそれは実用化されなかった。明日の天気がわかるようになったのは、つまりは、クリミア戦争がきっかけだったのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670645

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト