MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 鳥類


【東京雑学研究会編】

§ツルは頭の半分だけ眠っている?

半球睡眠という言葉を聞いたことがあるだろうか? これはつぶっている目とつながっている脳だけが睡眠中という、とても器用な眠り方のことをいう。
では、あいている目とつながっている脳は、どんな状態かというと、確かに脳は起きているが、とてもリラックスした良い状態になっているらしい哺乳類ではイルカが、そして多くの鳥の仲間がこの眠り方をしているらしく、ツルも半球睡眠である
水族館で実際にイルカを観察してみると、この状態がよくわかる。たしかにイルカは時々片目をつぶっている。しかも、左右交互にそのつぶっている目を交代させている。その場合、片方の目はあいているとはいえ、普段よりも動きは鈍い。
考えてみるとイルカは、水の中で生活しているとはいっても、魚ではない。時々水面に顔を出して肺呼吸をする必要があるのだ。もしも完全に眠ってしまったら、おぼれて窒息してしまうことになる。
そして、ツルの場合はというと、ツルは陸上で生活するため、完全に眠ってしまっても窒息する心配はない。
しかし、鳥は、基本的に陸上の動物と比較すると力が弱く、外敵に襲われる危険性をいつも抱えて生きているのだ。
そんな厳しい自然界の中で生き抜くためには、この半球睡眠は、必要不可欠の眠り方なのだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670631

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト