MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 自然

津波
【東京雑学研究会編】

§地震の直後に出される津波予報ってどんなもの?

海に囲まれた日本では、地震の後に起きる津波の災害はできるだけ避けたいもの。
地殻内に蓄積されたひずみは、やがて断層のずれによって一気に解放される。これが地震の発生であるそれによって、各断層の周辺の地表はもりあがったり、陥没したりする。それが、海底で起きた場合には、そこにも隆起や沈降が起きて、それに伴い、海水面の昇降が起きるのだ。こうして起きた大きな波が津波である
津波が起きると、最悪では人命の損失、家屋の破壊、浸水や船舶の破損など、さまざまな被害を被るので、日ごろから防災措置は必要である防波堤の設置や整備、海岸にはなるべく堅固な建物を作り、きちんと避難路をつくることも大切だ。
ただ、津波は地震のように突然くるのではなく、地震が起きた後に起きるものだから、正確な予報があれば、災害を未然に防ぐことができる。そこで、大切になってくるのが津波予報である
地震後の津波予報は気象庁が出すもので、これには三つの種類がある。大津波警報、津波警報、津波注意報がそれである。
大津波警報は三メートル以上の津波が起きることが予想される場合に出されるもので、三、四、六、八、一〇メートル以上と発表される。津波警報は二メートル程度の津波が起きることが予想される場合に出されるものである。津波注意報は、高いところでも〇・五メートル程度の津波が起きることが予想される場合に出される
予報が始まった二〇年前には、これを手作業で計算していた。そのため、予報は早くても二〇分もかかってしまったである。現在は、コンピュータを駆使して計算しているため、地震が起きて三分後には予報が出せるように進歩してきている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670629

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  観客動員数  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト