MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 子供

帝王切開
【東京雑学研究会編】

§帝王切開の帝王って、どこの王様?

腹部にメスをいれて子宮壁を切開し、中の赤ちゃん取り出すことを「帝王切開」というが、なぜ「帝王」なのか、またその王というのは誰か具体的な人のことを指しているのか、あまり疑問を覚えずに使ってきた人は多そうだ
帝王が切開した、帝王を切開する、帝王に切開された……言葉を補っていろいろなケースを想定してみてもはっきりしない。ただ、この日本語からは見当がつけにくいが、英語を見るとわかってくることがある。
「caesarean section」というのだ。そう、ジュリアス・シーザー誕生のエピソードによって生まれた言葉だったのである
ローマの将軍シーザーは、臨月を待たずに母親のお腹を裂いて出てきたと伝わり、シェイクスピアも戯曲にそのように書いている。のちに皇帝になるほどの人物は、生まれてくるときから非凡であり、シーザーが並の人間ではなかったことを強調するための象徴的な話としたものらしい
けれどシーザーの生まれた前一〇〇年頃、医学といえども未熟で、衛生環境だってよくなかった。腹部を裂いて赤ちゃんを取り出さねばならないような出産は、肉体に大変な負担を強いているわけで、切開された女性は、たいていなんらかの感染症にかかって死んでいったのである
ところが、シーザーの生母は、彼の成長後も生きていたことを考えると、実際は帝王切開は行われていなかった確率が高い。
もっと納得のいく説としては、七世紀に確立された「帝王法」「妊娠満期の妊婦が死にかかっている場合は、子どもを救うために腹部を裂いて分娩させるべきである」によるとするものが有力だ。
現在でもこの精神が帝王切開を実施する基準に受け継がれており、胎児の存在が母体の生命に危険を及ぼす場合や、そのまま自然分娩を待つと胎児の生命が危ぶまれるときに、帝王切開が行われている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670632

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト