MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 植物


【東京雑学研究会編】

§竹の中の空洞には何が入っているのか?

竹の内部は空洞になっている。そこには一体何が入っているのか?
ロマンチックな人や子どもなら、すかさず「かぐや姫」と答えるところだろう。でも、もし本当にかぐや姫があの中に入っていたとすれば、さぞかし苦しかったに違いない。なにしろ、竹の中には二酸化炭素たっぷり充満しているのだから
竹の中は一見真空のようにも思える。節の中に空気が入ることはできそうもないからだ。でも、竹の茎の部分には、人間でいうところの血管と同じような働きをする維管束という組織があって、節の部分に維管束の接点がある。葉から取り込んだ空気や、根から吸い込んだ水分や養分は、維管束によって運ばれ、空気の一部が節のところにある接点から空洞の中に流れ込んでいるのである
つまり、空洞の中には空気と同じようなものが入っているわけで、真空でもなければ、特別なガスなどが充満しているわけでもない。
ただ、その成分比率は、普通の空気とはかなり違っている。空気は窒素が約七八%で、酸素が二一%、二酸化炭素が〇・〇三%などとなっているが、竹の中にある気体は、酸素が一四~一九%で、二酸化炭素が二~六%にも及んでいて、ほかが窒素や水蒸気などである。つまり、空気に比べるとかなり酸素が少なくて、二酸化炭素の割合が多くなっているのである
これは、維管束の中を運ばれているうちに、細胞内に吸収される分があるため。その結果、二酸化炭素の比率がかなり高くなり、酸素との比率は、人間が吐き出す息とほぼ同じぐらいなのだ。
これでは普通の人間が竹の中で存在するのは、かなり困難なこと。まあ、かぐや姫は月からやってきたお姫様なのだから、酸素が少なくても不自由はなかったのかもしれないが……。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670575

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト