MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

太宰治
【東京雑学研究会編】

§滅びの美学を追求した太宰治は、魚を食べるのがうまかった!?

太宰治は『走れメロス』『斜陽』『人間失格』『晩年』など、ロマンティックでセンチメンタルな作風で知られた作家。地元・青森の大地主の子として生まれ育った太宰は有産階級の出身であることに屈折したコンプレックスを持ち、退廃的な作風の小説を書き上げていった。
太宰といえば私生活でのスキャンダラスな女性遍歴でも知られている。
一九三〇(昭和五)年に東京帝国大学仏文学科に進み井伏鱒二に師事するが、この年から非合法活動に手を染めるようになり、バーの女給と心中をはかるが、太宰は助かり、相手の女性だけが死んだ。同年、青森の芸妓・小山初代と結婚するが、やがて離婚して石原美智子と結婚、一九四八(昭和二三)年『人間失格』を残し、山崎富栄と入水自殺した。
太宰のような繊細な芸術家は小説と恋愛以外には何事も器用にできなかったのでは、といった印象をもたれがちだが、意外にもさまざまな分野でその才能を見せていた。
その一つはデザイン芸術。自分たちの同人誌の装幀を担当していたが、凡人には思い浮かばないようなアバンギャルドデザイン性の高いものを手がけていた。
二つめは英作文。英語は決して得意科目ではなかったというが、高校時代の英作文イギリス人教師が絶賛するほどのできばえだったという。
三つめは朗読。太宰は自分の作品を書き上げる親しい友人にそれを朗読して聞かせて感想を聞いていたが、その朗読が素人とは思えないほど上手だったらしい
そして、意外なことに魚の食べ方が信じられないほど上手だったという話も伝わっている。骨が多くて食べにくい魚でも、太宰は箸だけで上手に小骨を取り分けてきれいに身だけを食べていた。もともと手先が器用だった上、厳格な家で幼い頃から祖母に箸の使い方を厳しく躾られていたためだ。
「天は二物を与えず」というが、太宰は見事にこの諺に反した芸術家といっていいだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670577

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  凸凹  芸能デスク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト