MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 食べ物

たくあん
【東京雑学研究会編】

§たくあんを考案したのは沢庵和尚じゃない!

沢庵和尚は江戸時代初期の名僧であるそして、その名前からタクアンの考案者と思われてしまうが、実はそうではない。
タクアンは大根を漬けて作られるものだが、これが作られたのは意外と早く、平安時代から行われていた。
野菜の保存法の一つで「たくわえ漬け」が転化して「たくあん」という名前になったのだ。
それが沢庵和尚と関係づけられたのは、やはり名前のせいなのであろう。中には、和尚の墓石が漬物石に似ていたからなどという、冗談に毛が生えたような説もあるのだ。
ちなみに、関東と関西では漬物の味付けに違いがある。関東地方の方が塩味がきつくなっている。これは、当時、関東では農作業など肉体労働が多く、汗をかくことが多かったためだ。反対に、関西では商売などの頭脳労働が中心だったため、そうそう塩味が必要なかったのである。それが土地の味として残り、今でも京漬物は塩加減があまくなっているといわれる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670573

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト