MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 飲み物

ソルティ・ドッグ
【東京雑学研究会編】

§ソルティ・ドッグの正体はブルドッグ?

無色透明で、アルコール度数が高いウオッカは、ロシア人のようにそのままストレートであおるより、クセのなさを生かしてカクテル仕立てられることが多い。
その中で、夏の海辺やプールサイドで飲むとすっきりした味わいぴったりでおしゃれだと人気になっているのがソルティ・ドッグ。直訳すれば「しょっぱい犬」ということになるが、しょっぱさのもとは塩である
カクテルグラスの縁に雪のように塩を飾り、シェイクしたウオッカグレープフルーツジュースカクテルを注ぐ。こうしてスノースタイルサーブされると塩っけとグレープフルーツジュースの酸味がミックスして、口中をさわやかにしてくれる。日本でも升酒を飲むとき、隅に塩を盛って一緒に飲む「角打ち」という飲み方があるが、アルコールと塩というのは、案外相性のいいものなのかもしれない。
ソルティ・ドッグというのは、この塩でグラスを飾るところからきたネーミングだが、本来は英語のスラングで船の甲板員を指した。波をかぶって塩まみれになる船員が、グラスの縁の塩から連想されたようだ
ただ、イギリスで最初にこの名前のカクテルが作られたときは、ウオッカを使わず、ドライジン・ベースだったという。さらにジュースライムジュースで、塩もグラスに塗らず、一緒にシェイクする塩味のカクテルだった。
一九六〇年代にアメリカでウオッカグレープフルーツを使ったものが人気になり、それが新しいソルティ・ドッグとなって世界に広まったのである。さらにしょっぱい酒は苦手という人のために、塩抜きでサーブされることもあるが、それをブルドッグと呼んでいる。しょっぱい犬から塩分が抜けたら、ブルドッグだったというわけだ。
また、塩を犬の尻尾に見立てグラスの縁に塩をつけないものをテールレス・ドッグとか、疾走するとき尻尾が隠れて見えなくなる猟犬にたとえてグレイハウンドと呼ぶこともあるようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670558

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト