MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 > スポーツ

相撲①
【東京雑学研究会編】

§大相撲の世界のことを「角界」というのはなぜか?

相撲は芝居とならび、江戸庶民の二大娯楽と言われるほど盛んであった。はじめて横綱の免許を与えられたのが、寛政期(一七八九~一八〇一)の谷風梶之助と小野川喜三郎であった。また、身長一九七センチ、体重一六九キロという巨漢大関、雷電為右衛門も現れ、江戸中が沸き立った。
「すもう」は、今日では「相撲」と書くのが普通である。しかし、昔は、「角力」と書かれることが多かったという。明治の中頃「東京大角力協会」が発足。大正の末に「財団法人大日本相撲協会」(現・日本相撲協会)が設立された際、「角力」から「相撲」に改められた。というのは、「角力」という字はあまりにも動物的であるというので「相撲」にしたという説がある。
「角力」、「相撲」どちらも中国の古い文献にでてくる漢語である。「角力」は、力比べをして勝敗を争うこと(「角」は、力比べをする意)を意味する。それと同じ意味で、「角てい」という語も使われた。「相撲」は、互いに殴りあうという意味で、力持ちを集めて、素手で組み合わせ、力の優劣を競わせる遊戯のことであった。
日本語の「すもう」は「すまふ」(負けまいとして相手と張り合う意)という動詞から出た言葉で、それに漢語の「角力」や「相撲」が当てられた。その中でも「角力」がよく使われたので、相撲の世界のことを「角界」と呼び、相撲好きの人を「好角家」と呼んで、今日にいたっている。
ちなみに、相撲取りを「力士」というが、これも中国の古い文献にある語で「力の強い男」の意である。「関取」は、江戸時代には大関の異称であったが、今日では、幕内および十両力士の敬称である
相撲界では、十両に昇進すると紋服を着用でき、大銀杏を結うこともできる。やっと一人前として認められるである。「朝青龍関」とか「千代大海関」というように、「~関」は「関取」の略である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670512

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト