MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 植物

スミレ
【東京雑学研究会編】

§三色スミレはほれ薬

シェイクスピアの作品を読むと、三色スミレがたびたび登場する。例えばシェイクスピアの喜劇『真夏の夜の夢』では、この三色スミレは「ほれ薬」として登場している。
この話は、公爵の結婚式が目前に迫っているある夜の話だ。廷臣の娘ハーミアは、父が決めた結婚相手のディミートリアスを好きになれず、ほかに愛する人がいた。ハーミアは、愛する人と二人で森の中へと逃げてしまうのだった。
それを知った結婚相手のディミートリアスも、ハーミアの後を追いかけて森へと向かう
そんなディミートリアスのことを恋こがれているヘレンという女性がいた。彼女もまた、彼の後を追って森の中へと入っていくのだった。
そんな恋する人々が集まった森の中で、妖精のパックが「ほれ薬」を与える相手を間違えてしまい、話はますますおもしろくなるわけだ。
ここで妖精パックが使った「ほれ薬」とは、三色スミレの汁のことである
もともと三色スミレには、さまざまな言い伝えが残されている。それによると、三色スミレの花の汁を眠っている間にそっとまぶたの上にぬると、目覚めたときに「恋でもしようか」という気分になるらしい
また、「天使が三回キスをしたから三色になった」というかわいい言い伝えも残されている。
とにかくシェイクスピアが三色スミレを、大変に気に入っていたことは確かなようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670511

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  一か八か  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト