MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 飲み物

スポーツドリンク
【東京雑学研究会編】

§スポーツドリンクはただの水とどこが違うか?

最近、上手な水分補給という点で注目を集め、人気上昇中のスポーツドリンク。別名はアイソトニック飲料という。スポーツで大汗をかく人ばかりではなく、お年寄りや子どもの脱水症状を防ぐにも有効ということで、病院関係者からもお勧めの飲料となっている。大量に携帯する必要のあるスポーツ愛好家などのために、水に溶かして飲むことができる粉末や顆粒タイプもある。
実際に飲んでみると、ほのかに甘みがあり、ジュースよりはさっぱりした味である。一体何が溶けていて、水とどう違うのだろう
その前に、生物の細胞が水を吸収するメカニズムを知らねばならない。細胞膜の性質の一つに、水は通すがそれ以外の物質は通さない「半透性」という性質がある。また、細胞はいろんな物質を溶かし込んでいるので、ある「濃さ」を持っている。したがって、細胞を細胞内の液より薄い液の中に入れると、半透性の細胞膜を通って、水が細胞内に移動する。この移動させる力を「浸透圧」と呼んでいる。
激しいスポーツで発汗が多いとき、あるいは病気で大量の水分が必要なとき、何をどのように摂れば良いのか? 真水を飲めば、浸透圧により一時的には早く吸収されるが、血液も水で薄くなり、浸透圧が急に下がり始める。こうなると、一定の浸透圧を保とうとして、脳が「水を飲むな」という指令を出す。真水を一気にたくさん飲めないのはこのためである
こんな場合、真水より血液の浸透圧に近い液体を飲めば、穏やかに大量の水分を吸収することができる。市販のスポーツドリンクは、ナトリウムカリウムマグネシウムなどの塩類と水溶性ビタミンクエン酸、グルコースなどが加えられ、人間の体液とほぼ同じ浸透圧を持つように作られた「等張液」なのである従って、身体にいっそう有効で、やさしい飲み物というわけである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670510

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト