MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 乗り物

スピードメーター
【東京雑学研究会編】

§スピードメーターはなぜ一八〇キロまで表示してあるのか?

交通事故の多発が問題になって久しい。取締りを厳しくしても、その件数はいっこうに減りそうもない。無免許、飲酒、居眠りスピードの出し過ぎなど原因はいろいろある。
運転する方にも問題があることは認めるとしてそれでは車の方には何も問題がないのかというと、そうではないだろう。日本の道路の制限速度は、最高でも時速一〇〇キロなのに、アクセルを踏めばたちまち一四〇キロも出る車を製造販売している方に問題はないのか、そこが疑問である
メーカーに質問状を出した人がいる。今一〇〇キロか、一八〇キロかとメーターを読む必要のないように、そこまで目盛りを刻まなくてよいのでは、ということである
暴走志向をあおるようなことはせず、制限速度内で運転を楽しめるよう配慮し、一〇〇キロ以上を赤で塗りつぶしてはどうかというものである
メーカーの言うには、「暴走志向をあおるつもりではなく、エンジン出力は高速での危険回避に必要なので、そのために何キロかわかるように表示する」ということである
市販の乗用車は、一八〇キロあたりでリミットが効くようになっているとのこと。そのリミットを一〇〇キロにすればいいのだ。危険回避に一六〇キロとか一八〇キロも出す必要はないと思われる。
事故の被害者になった人や、被害者でなくても関心のある人は、PL法(製造物責任法)第三条をよく読む必要がありそうだ。「製造業者等は(製造物の)欠陥により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずるとある
質問状の主は、ちょっとアクセルを踏めば、たちまち一四〇キロも出る車は、欠陥車ではないのかと指摘。また、消費者は車メーカーに損害賠償を求める訴訟を起こして、交通事故を減らす方向に一石を投じてはどうかという提案もしている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670508

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト