MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 服装

ジーンズ
【東京雑学研究会編】

§ジーンズはGパンでなくJパンが正しい?

ジーンズは、日本ではジーパンという通称名で呼ばれることが多い。もともとはjeans+pantsの略であり、Gパンとも書く。英語のつづりはjeansなのだから、Gパンと書くより、Jパンと書いた方が正しいのでは? と思われる方もいるだろう
ジーンズの創造者は、一八五〇年、アメリカのカリフォルニアへ金を探しにやって来た、Levi - Straussなる人物だったといわれている。藍色のデニムという丈夫な木綿の布地で作られ、その着心地のよさや動きやすさは、西部開拓時代に始まり、作業着や遊び着として、老人から子どもまで年齢、男女を問わず愛用されてきた。
アメリカで生まれ、アメリカ人の開拓精神の象徴でもあったジーンズだが、そのルーツは、意外にも北イタリアの「Genoa」という地方だったらしい。この地名をフランス語で書くと「Genes」、これが英語では「Jane→Jean」となっていった。つまり元をただせば、JパンではなくGパンだったというわけだ。
ジーンズは、一九七〇年代に入ると若者たちのオシャレ着として急速に広まっていく。その人気の秘密は、女性の場合、アメリカのウーマン・リブ運動にもあったようだ。当時、男女平等を叫んだ女性たちの間で、ジーンズTシャツといったラフなファッションが大流行。化粧もほとんどしないスタイルが、彼女たちの主張の表れだったのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670488

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト