MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 男と女

処女膜②
【東京雑学研究会編】

§日本で最初に処女膜という言葉を使った人は?

日本で「処女膜」という言葉が使われたのは、江戸時代のこと。杉田玄白という医学者が、オランダの『ターヘル・アナトミア』を翻訳して、一七七四(安永三)年、『解体新書』を著したとき、その中で使われたのが最初であった。もちろん当時は、この膜をめぐって、今日のように取りざたされたはずはない。
ところで、この「処女」という言葉であるが、語源は、英語の「バージン」とはかなり違う意味を持っていた。中国語の元の意味では、「嫁がずにまだ家に居る女」とのこと。「処」は、すなわち、「居」のことであった。それが、世の中の実態に合わせて、性体験のない女という意味に使われるようになったという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670474

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト