MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人物

サルトル
【東京雑学研究会編】

§思想家サルトルと作家ボーヴォワールの奇妙な恋愛関係

ジャン・ポールサルトルフランス文学者で、小説『嘔吐』によって有名になり、『存在と無』で実存主義の旋風を巻き起こした。
シモーヌ・ド・ボーヴォワールもまた文学者実存主義者であった。『招かれた女』『第二の性』などが代表作。
二人は愛人同士として、また思想上の同志として生涯、活動をともにした。特に一九四五年、二人はメルロ=ポンティらとともに『レ・タン・モデルヌ』誌を創刊し、「実存主義サルトルとして常にマスコミに登場するようになった。
さて、二人が出会ったのはサルトル二四歳、ボーヴォワール二一歳のとき。二人は、どちらも性的関係を縛り合うことなく、オープンでいようと約束した。つまり、フリーセックスを認めあい、その様子をこと細かに報告し合おうという約束だ。
そういった考え方が進歩的だと思われた時代、それも後に実存主義の提唱者として世界を席巻したサルトルの言葉にボーヴォワールすっかり納得させられてしまった
けれどサルトルは女性関係が派手な、いわゆる女たらし。特に学校の教え子たちとの関係は数多く、「教え子の下着を研究している変わった哲学教師」とまで陰口をたたかれていた。
もちろんボーヴォワール教え子たちともずいぶん関係を持っていた上、彼女たちとのセックスの様子を、当初の「約束」通り、こと細かにボーヴォワールに報告していた。当然のように、ボーヴォワールサルトルと関係を持った教え子たちを嫌うこともあったが、仲間外れにされたくもないので、無理をして親しくしていたようだ
しかしサルトルは「全てをオープンでいよう」という約束を破り、隠れてほかの女性に結婚を申し込んだりしていた。さらに、そういった女性の一人を養女にしていたため、サルトルの死後、ボーヴォワールは遺産を全くもらうことができなかったのだ。
後に女性解放運動の旗手となったボーヴォワールも恋愛生活は決して幸福なものではなかったようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670396

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト