MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 > 書籍

雑誌
【東京雑学研究会編】

§雑誌の発売日の日付は、なぜ一か月先なのか?

残暑きびしく、道行く人は汗をだらだら流しているのに、書店に並ぶ雑誌の表紙では、なぜか毛皮をまとった美女が微笑んでいる。こんなおかしなことになるのは、月刊誌の発売日の日付が、一か月もしくはそれ以上先になっているからである
例えば、「一〇月号」ならば、九月もしくは八月末に発売される。よく見ると、日付が先になっているのは、隔週誌も週刊誌も同じであるどうしてこんなことになっているのだろう
この習慣が始まったのは、今からざっと三〇年前である。その頃、女性の社会進出とマスコミの発達が重なったためか、多くの女性雑誌が創刊された。各誌は、今よりも、もっと激しい販売合戦を繰り広げた。
そんな中で、ある一誌が、少しでも情報を早く見せようとして、日付を一か月先にしたところ、ほかの雑誌もあれよあれよと追随し、すべての雑誌の日付が早くなったのである
各誌が横並びになったら、もう意味はないのだが、今さら元に戻したら、まるで情報が古いように見えてしまう。そのため、現在まで、その習慣が残っているのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670386

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  凸凹  芸能デスク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト