MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 男と女

コンドーム①
【東京雑学研究会編】

§コンドームの語源は人の名前だった!

避妊器具の中では、いちばん普及しているコンドーム。その名前は、実は発明者の名前からつけられたのである
こういう発明物には製作者の名前がつけられるのが普通であるコンドームも同様で、一七世紀半ばにこれを考案したコンドンという医師の名前からつけられている。コンドンは、チャールズ二世の侍医で、王位継承者が続々と生まれては困るイングランドの支配者のために、必死に頭をしぼったのである。その結果、大英帝国が騎士の称号を与えるくらい、大勢の人に歓迎されたのだという。
コンドンは、小羊の盲腸を適当な長さに切り、それをなめして柔らかくしてコンドームにした。長さ一九〇ミリ、厚さ〇・〇三八ミリという、当時にしては非常に精巧なものができ上がったのだ。
二〇世紀初頭に硫化ゴム製のものが登場するまで、コンドームは、実はイギリスの貿易商品だった。
コンドームの名前については、一説には、フランスのコンドムという町で大流行したからという話も残されている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670362

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト