MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > モノ

コンタクト
【東京雑学研究会編】

§カラーコンタクトをしたら視界に色がつくのか?

サングラスをかけると、視界がレンズの色に染まって見えるカラーコンタクトをつけても、ああなるのだろうか?
お洒落のためか、黒目が真っ青や真っ黄色に見えるほど、色の濃いカラーコンタクトをつけている人がいる。
だが、心配はご無用である。人間の黒目の中心には、直径五~五・二ミリメートルほどの瞳孔という穴があり、光は、ここを通って眼球の後部に達する。つまり、光を感じるのは、この部分だけなのであるだから、瞳孔の部分さえ素通しであれば、視界には色はつかない。
カラーコンタクトは、レンズの全体に色がついているわけではない。瞳孔の部分は無色透明で、色がついているのは、その周囲の虹彩の部分だけなのである
虹彩は、眼球の前面にある円盤状の膜で、伸縮して瞳孔の大きさを変化させながら、網膜に達する光の量を加減し、焦点深度の調節を行っている。
鏡で、自分の目をアップで見てみると、黒い瞳孔と、それを取り巻く茶褐色の虹彩がわかるだろう(西洋人は、虹彩の部分が灰~青色の人が多い)。カラーコンタクトをしている人の目も、瞳孔の部分だけは地のままの色である。虹彩には、放射状の紋理がついているが、カラーコンタクトは、これをもうまく形づくってある。
なお、人間の瞳孔は、夜間や暗いところでは、自動的に大きくなる。これを、「生理的散瞳」というのだが、このとき、カラーコンタクトの瞳孔部分よりも大きくなると、光の量がうまく加減できなくなって、視界に違和感感じることがある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670361

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト