MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 社会

国会議事堂
【東京雑学研究会編】

§国会議事堂のデザインは公募で選ばれた?

一八八五(明治一八)年に建設が計画され、最初に建てられた国会議事堂は、実は内幸町に建てられた木造二階建てだったのである
明治政府は、第一回の帝国議会に間に合わせるべく、議事堂建設の計画を押し進めていたが、財政的に苦しく、なかなかはかどらなかった。わざわざドイツから建築家を招聘したにもかかわらず、案がまとまらず頓挫してしまうのである。内幸町に建てられたのは仮議事堂というわけだ。木造だったためか、第一回議会開会中に火災で全焼してしまう。
現在の議事堂の建設が計画されたのは、一九一八(大正七)年のことである。誰もが知っている議事堂デザインは、実は一般公募で決定された。一一八通の中から、宮内庁技師のアイディアが選ばれ、当時で賞金が一万円払われたということである
この建物は一九二〇(大正九)年に着工、竣工は一九三七(昭和一二)年と一七年もかかっている。それまで議事堂が何度かの火災で焼失しているだけに、より丈夫なものを作ろうとの考えだったのかもしれない。建築費は当時で二五七〇万円。霞が関ビルができるまでは、東京一高い建物だったということだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670345

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト