MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

国旗
【東京雑学研究会編】

§国旗が四角でない国がある?

国旗はその国の象徴として、国際会議やオリンピックなどで用いられる。国旗は縦横比の違いはあっても長方形をしていると思われがちだが、唯一ネパールでは長方形でない国旗を使用している。
パールの国旗は直角三角形を上下に二つ繋ぎあわせたような、切れ込みのある形をしている。青に縁取られた赤地に白で太陽と月が描かれている。
旗の中の月と太陽はヒンドゥ教国であることを示し、この国が月や太陽と同じくらい長く続き、発展することを望む気持ちを表現している。
パールとはサンスクリット語で「足、ふもと」、つまりヒマラヤ山脈のふもとに位置するという意味だ。
この国では人口の九〇%がヒンドゥ教徒だが、ブッダの誕生の地であるため仏教徒も多く、「家の数より寺院の数が多く、人の数より神様の数が多い」ともいわれている。
国旗は一九六二年に、それまでの国旗を修正して制定された。
パールの人口は二三二一万人(二〇〇一年国勢調査)で日本の六分の一程度、面積は一四・七万平方キロメートルで日本の半分程度。世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)の登山口としても知られている。
首都はカトマンズで、リンブー、ライ、タマン、ネワール、グルンなど多民族が住んでいるが、公用語はネパール語となっている。
一七六九年、現在のシャー王朝初代プリトゥビ大王による国家統一が行われ、一八四六年からラナ将軍による専制政治が敷かれたが、一九五一年インドの調停で王制が復古した。一九九〇年に民主化が実現したが、治安問題と不安定な政局などの問題をかかえている。
一八九九(明治三二)年に僧侶・河口慧海日本人としてはじめてネパールを訪れた。一九六〇(昭和三五)年以降、要人の往来も積極的に行われている。一九九二(平成四)年にはネパール国王派遣による八名の留学生が来日した。
なお、一九九二(平成四)年には長野県松本市とカトマンズ市が姉妹都市を締結した。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670347

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト