MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

ギロチン
【東京雑学研究会編】

§処刑道具「ギロチン」は、ギロチンという人が考案したのではない!?

物のネーミングには、それを発明した人物の名前が使われることが多い。しかし、ちゃんと発明者がいるのに、そうではない人物の名前がつくケースもあるのだ。
処刑器具の「ギロチン」がそれである。
斬首装置は、ヨーロッパの各地にあった。しかし、議会が死刑の執行装置として正式に採用したのは一七九二年のことである
そして、その提案(改良考案)をしたのがジョセフ・ギヨタンという人物だったのである。ギヨタンは、失敗することなく、しかも処刑者の苦しむ時間が短いという理由で、この器具を提案した。そのギヨタンの名前から「ギロチン」と名付けられたのだ。
実際に、この処刑器具を最初に使用したのは医者のルイという人物である。そのため、当初は彼の名前からルイゼットとかプチット・ルイゾンと呼ばれていた。
しかし、いつのまにかそれを提案したギヨタンの名前に代わってしまったである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670266

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト