MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人体

歯ぎしり
【東京雑学研究会編】

§歯ぎしりのときの歯の力はどれくらいなのか?

歯ぎしりは寝ているときの癖の一つである。いびきなどと同じだが、これはあまり体によろしくない癖のようだ
一般的に、一晩に歯ぎしりをする平均時間は、八時間睡眠で三五分から四〇分くらいなのだが、人によっては一晩中たえまなくしているケースもあるようだ
それでなくても、歯や歯茎に負担がかかり、頭痛やアゴの関節障害などの原因になるのに、そこまでひどいと歯の半分近くがすり減ってしまうこともあるようだ
さて、この歯ぎしりだが、一体歯にどれくらいの負担がかかるものだろうか。
歯ぎしりレム睡眠などの浅い眠りのときに起きるのだが、実際、起きてやろうとしてもなかなか同じような音がだせない。実は、これは無意識のうちに相当なバカ力で噛んでいるからである
例えば、私たちは、おせんべいを食べるときは一〇キロ、食パン一枚は三〇キロの力で噛んでいる。それが、歯ぎしりするときは六〇から八〇キロの力がかかっているというのである。歯がすり減ったり、歯がグラグラするのも無理はない。
歯ぎしりは、虫歯の詰め物が合わなかったり、ストレスが原因で起きるといわれる。あまりひどい人は歯を一度チェックするのがおすすめだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670161

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト