MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全地理 > 場所

親不知子不知
【東京雑学研究会編】

§親不知子不知の地名の由来は?

親不知子不知は「おやしらずこしらず」と読む。そんな変わった名前の地名が新潟県にはある。ここは、飛騨山脈の北端で、日本海に面してそそり立っている断崖の下方にある約一・五キロの海岸である
この変わった名前は、昔、当地を旅する人がこの断崖の下の細い道を通るときに、あまりに次々と寄せる波が激しいために、親は子を、子は親を顧みる暇もなかったことからつけられている。
そしてそれにまつわる悲しい実話がここに残されているのだ。
一一八九(文治五)年のこと。そのとき、平清盛の異母弟であった平頼盛は越後に身を隠していた。平家が源氏に破れ、追手から逃げるためである。しかし、離れ離れ暮らしていた頼盛の妻は、その年、二歳の子どもを抱いて京から夫の元に向かっていた。
北陸道やっとのことで越えて、とうとうこの地にさしかかったときに、たたきつけるような波が親子を襲い、抱いていた愛児がその波にさらわれてしまったである。頼盛の妻は、悲嘆にくれて「親不知 子はこの浦の 波まくら 越路の磯の あわと消えゆく」と詠んだという。
地名の親不知の名前はここから起こったとも伝えられている。
一一八三(寿永二)年、ここには北陸街道が開通し、後に国道八号線となって、トンネルシェードを加えられ大改修が行われた。一九一二(大正元)年に北陸本線が開通し、山よりには親不知トンネル、子不知トンネルが完成して、随分便利になったということである
それでも、親不知子不知にどこか物悲しげな印象があるのは、厳しい日本海の自然の姿と、背景にこんな悲しい物語が隠れているからかもしれない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670146

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト