MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全そーだったんだ! > 由来

OK
【東京雑学研究会編】

§OKとは何の略?

英語のOKは略語だが、承諾の返答として日本語でも普通に使われている。では、このOKは何の略語なのだろうか。
OKの言い回し始まりついては諸説あるようだ。その中でも、よく言われる由来からご紹介しよう。
アメリカの第八代大統領は、マーティン・ヴァン・ビューレンという人物だった。彼は、ニューヨーク州にあったKinderhookという村の出身だった。そのために、彼にはそれにちなんで「Old Kinderhook」というあだ名がつけられていた。当時は、名称をイニシャル化することが流行っていた。そこで、彼の後援会は「OKクラブ」と呼ばれたのである
その「OKクラブ」はなかなか力があり、ここに所属していれば何かと便宜が図られた。その「OKクラブ」の力ある様子から、承諾のOKは誕生したのである。最近では、ネットなどでしきりに略語が使われるが、当時もそんな雰囲気で、会話に略語を使うことが格好よかったらしい。若者を中心に火がつき、やがて一般にも浸透していったということである
OKの由来には、もう一説ある。こちらは、第七代大統領ジャクソンについてのもので、彼はどうもつづりが苦手だったらしい。彼は正しいという意の「all correct」を発音通り「oll korrect」と書き間違えてしまったのだ。OKには了承だけでなく、正しいとか間違いないという意味もあったのである
これが何度も新聞で取り上げられた結果として、OKは広がったというのである
どちらが語源にしても、どちらもアメリカの大統領が生み出した一言である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670121

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト