MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 服装

オートクチュール
【東京雑学研究会編】

§オートクチュールとプレタポルテはどう違う?

シーズンに先駆けて、〇四~〇五秋冬、とか、〇五春夏といったタイトルで開かれるコレクション。パリやミラノ、ニューヨークなどが著名だが、あちこちの店や著名なデザイナーが開くファッションショーを統括してこう呼び、さらに、オートクチュールコレクションとか、プレタポルテショーといった区分もされている。
どちらも値段の高いブランド品ということはわかっても、中身がどう違うのかはっきり認識しているのは、こうした店やデザイナー上得意の客ぐらい。雑誌や映像で眺めるだけの庶民は、「こんなのが流行するのか」「この色が人気なのね」とわかるだけで充たされる
しかし、たとえ顧客にはなれなくても、違いくらいは知っておこう。
オートクチュールとは、日本語に直すと「高級注文服」とされているが、一人の顧客のためだけの、世界にただ一つのドレスのことだ。クチュリエと呼ばれるデザイナーに依頼をすると、依頼主のサイズ合わせて生地選び、デザインが決まり、採寸、仮縫いを繰り返して完成する。その年、そのシーズンデザイナーが目指す方向性が、いちばん如実に表現されるのがこの分野である
一方のプレタポルテは、「高級既製服」と訳されていて、クチュリエと区別してスティリストと呼ばれるデザイナーが、訪れた客がそのまま持って帰れる状態に完成して自分の店に並べてある服のことだ。もちろんサイズ直しなどの補正はしてくれるが、既製服とはいえデザインの指向性ははっきりしているから、それを崩してまでの補正はしない。あくまでこのドレスに合う体にシェイプするなりパッドを使うなりしてくださいという誇りは捨てていない。
かつてはオートクチュールが主流だったコレクションも、豊かな貴族階級も減り、プレタポルテの客なしには成り立たない傾向にある。クチュリエを主任デザイナーに迎えてプレタポルテブランドを作ったり、クチュリエが自分ブランドプレタポルテ分野もあわせ持ったりという傾向にあり、オートクチュールプレタポルテの差は価格と顧客のエリート意識への欲求度くらいしかなくなりつつある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670123

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト