MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

うだつが上がらない
【東京雑学研究会編】

§「うだつが上がらない」の「うだつ」とは何か?

「いつまでたっても出世できずにいる」とか「一向に生活や地位がよくならない」という意味で、「うだつが上がらない人」と表現することがある。この「うだつ」とは一体何なのだろう
「うだつ」は中世の建築用語に由来する言葉で、漢字で書くと「」または「卯建」となる。「うだつ」は、「うだち」のなまった形とも言われている。「うだつ」のほうが発音しやすいようだ
「うだつ」は、木造建築で妻(屋根の側面の三角形の部分)にある梁の上に立て、棟木をささえる短い柱(関東では「つか」ともいう)をいう。それは目立つ物ではないが、家をささえる大切な役割を果たしている。
それで、家を建てるときに棟上げすることを、「うだつをあげる」というようになった。
もう一つは、隣家との境に造った防火障壁のこと。民家の妻の壁面を、屋根より高く作って、小屋根をつけた部分をいう。
防火と家の装飾をかね、これを作るには多額の費用を要するところから、財力誇示の象徴と考えられていた。
ところで、「うだつを上げる」という表現はあるが、「うだつが上がる」という表現はない。人間がうだつを上げるのであって、うだつが勝手に上がるわけはないのだから
また、「うだつが上がる人」とはいわず、「うだつが上がらぬ人」というように、否定の場合にのみ用いられる表現でもある。
日本語にはほかにも、否定の場合にのみ用いられ、肯定の表現には用いられない言葉がある。例えば、「情けない」「だらしない」など。「うだつが上がらぬ」も同類の表現である
最初は、財産のない人を軽蔑する表現であったが、年月を経て、次第にやわらかいニュアンス変わりつつある。「能力があっても、運に見離され、出世できない人」を「うだつが上がらぬ人」というようになった。
あなたは「うだつを上げる人」? それともうだつが上がらぬ人」?




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670083

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト