MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 > 書籍

泉式部
【東京雑学研究会編】

§恋の遍歴を重ねた泉式部のいじらしい姿

泉式部は平安時代の女流歌人で『泉式部日記』『泉式部集』などを記した。
恋多き女、艶麗な美女としても有名で、藤原道長から「うかれ女」といわれたほど、奔放な生涯を送った女性だった。
式部は朱雀天皇の皇女で冷泉天皇の皇后となった昌子に仕え、二〇歳の頃、橘道貞の妻になり、まもなく歌人として名高い娘の小式部内侍が生まれた。けれども式部は一〇歳ほど年上の夫にあきたらなかったのか、冷泉天皇の皇子・弾正宮為尊親王と恋仲になった。親王が亡くなった後は、すぐさま彼の弟・師宮敦道親王に求愛される。弾正宮為尊親王は和泉式部を館に引き取り、宮廷のスキャンダルとなったが、やがて泉式部は娘の小式部内侍と一緒に中宮彰子に仕えた。中宮彰子のまわりは、紫式部、赤染衛門など当時のそうそうたる歌人たちが集まり、一大サロンだったようだ
泉式部はここに仕えるうち、道長の家司、藤原保昌の妻になって、丹後(京都北部)に下った。
奔放な式部も、中央を離れて静かな家庭生活を営んでいくのかと思えたが、その後、夫の保昌が徐々に式部に対して冷たくなっていく。悩んだあげく、彼女は巫女に夫婦仲がうまくいくように祈祷してもらうことにしたのだ。
ところがその巫女が式部に対して、恥ずかしい注文をしてきた。それは「ここで着物の裾をまくりあげて3回まわりなさい」というものだったのだ。
さすがに恥ずかしさのあまり式部は躊躇していると、こっそりとそれを覗き見ていた保昌が姿を現した。ここまで自分を慕っている式部の一途さに、冷めかかっていた愛情がよみがえったのだろう。それ以後、保昌は式部となか睦まじくくらしたという。
とはいっても、保昌は式部より二〇歳ほど年上、対する式部は名うてのプレイガール。その後、貞淑な妻として通したかどうか、いつまで親密な関係だったかなどは伝えられていない。
彼女と恋愛関係にあった男性は数多く伝えられており、子どもも小式部内侍だけではなかったのではないかといわれている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670046

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト