MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 昆虫

アメンボ②
【東京雑学研究会編】

§中足と後ろ足から多くの情報を得る虫

アメンボの中足と後ろ足の節間膜には、振動センサーの機能があって、水面の膜から、さまざまな情報を得ている。
エサとなる小さな昆虫が水面に近づいたり、落ちたりすると、その微細な振動によって起こるさざ波をキャッチし、捕らえることができる。また、自ら振動を起こして異性を探しては交尾したり、危険を知らせるなど、仲間との情報伝達も行っている。
これほど水面生活に適したアメンボだが、人間の出す洗剤や石鹸などが混じった水が命取りになる。このような水は、表面張力小さいので、アメンボは体を支えることができない。洗剤の混じった水の上では、アメンボといえどもだんだん沈んで、ついには溺れてしまうのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670029

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト