MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

アーメン
【東京雑学研究会編】

§「アーメン」はお祈りの言葉ではない!?

キリスト教徒でない人にとって「アーメン(amen)」は、仏教の「南無阿弥陀仏」とか「南無妙法蓮華経」のような念仏にあたる言葉だと思えるかもしれない。
祈りの後や賛美歌の最後に必ずつけられるアーメン」という言葉は、ヘブライ語で「まことに」「確かに」を意味し、結果責任を引き受ける姿勢や「そのようになりますように」といった願望を表現する言葉だ。
古代ユダヤ教の司祭がいろいろと説教したり祈ったりした後に「ここまでいろいろお話し、お祈りしてきましたが、本当にその通りなんですよ」あるいは「どうか確かにそのようになりますように」といった意味の決まり文句のようなものだった。それがそのまま初期のキリスト教会で受けいれられて、教会の儀式、祈り、賛美歌、信条の結びなどに同意を示す意味で使われ、新約聖書では「アーメンたる者」がイエスキリストを指すこともあった。
アーメン」という言葉は発音が大きく変わることもなく現在まで使われ続けてきた結果、いつのまにか敬虔な祈りの言葉のようなイメージを持たれるようになってしまったのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670027

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 アーメン  炭坑節  すっぱ抜く  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト