MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全地理 > 国・島・都市

アメリカ大陸
【東京雑学研究会編】

§「アメリカ大陸」は本当だったら「コロンブス大陸」だった?

アメリカ大陸を「発見」したのはコロンブスである。だが、彼は残念なことにこれを新大陸とは認識していなかった。もし、彼が当時それがわかっていたとしたら「アメリカ大陸」は「コロンブス大陸」だったかも知れないである
アメリカがコロンブスによって「発見」されたのは一四九二年のことであるコロンブスはこのとき、ここがインドの一部だと信じ込んでいた。その後、一五〇一年、アメリゴ・ヴェスプッチは南アメリカの大西洋岸を航海したという。もちろん、コロンブスの後だが、彼がアメリカの発見者だと誤解されたのである。ただ、ヴェスプッチもそこがインディアスから独立した大陸だということを知っていたかどうかは謎である
アメリカと名付けることになったのは一五〇七年のことだが、世界最初のアメリカ入り地図を作ったマルティン・ワルトゼーミュラーが発見者にちなんでその名前を提案したのである。マルティンこそが、ここを新大陸と認識し、名前をつけようと主張したのであるそして、マルティンは、発見者をアメリゴだと思い込んでいた。
アメリカの元はアメリゴ。ラテン語化した読み方でこうなったわけである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670025

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト