MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 宇宙

天の川②
【東京雑学研究会編】

§「天の川」と呼ぶのは日本だけなのか?

天の川は日本だけでなく、世界のあちこちで、その国その国の名前で親しまれている。中国では銀河あるいは銀漢と呼ばれたり、空のナイル、空のユーフラテス、空のガンジスなど川にみたてた呼称が多い。道になぞらえた例も多く、欧米では「乳の道(milky way)」、北欧では「冬の道」または「魂の渡る道」、イヌイットでは「雪の道」、ペルシア(現・イラン)では「わらの道」、タイでは「白象の道」などと呼ばれている。
なお、光の川のように見える天の川だが、望遠鏡などで観測すると、銀河の中心線付近にそって暗黒の溝があり、また光の帯の中に暗黒の部分が所々にあるのがわかる。
これは星間物質が密集したガス雲で、光を吸収してしまうので黒く見える
銀河系の円盤の中心部付近には数多くのガス雲があり、その中には「巨大分子ガス雲」と呼ばれる、分子ガスでできた巨大なガス雲があり、この中で常に新しい恒星が作られている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670020

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト