MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

あしたのジョー
【東京雑学研究会編】

§『あしたのジョー』の矢吹ジョーにはモデルがいる!?

あしたのジョー』は昭和を代表するマンガである。梶原一騎の原作に、ちばてつやの作画のコンビで、一世を風靡した。ジョーのライバル、力石徹が死んだときには、ファンの間で告別式が行われた。ちなみにこのときの喪主は寺山修司であった。
その『あしたのジョー』には、実はモデルがいたのだが、それは故・たこ八郎氏。コメディアンの印象が強いが、彼は一九六一(昭和三六)年に日本フライ級チャンピオンの座についている、れっきとしたプロボクサーだ。
彼のプレイスタイルは「ノーガード」戦法。相手に打たせるだけ打たせて、疲れたところを今度は自分がたたくという捨て身の戦いだ。それが「ジョー」と同じなのである
ジョーはその戦法で燃え尽きた。だからこそ、その滅びの美学に日本人は熱狂したのである。なお、モデルとなったたこ八郎氏も、酒に酔って海で溺死。ある意味、滅びの美学を地でいっているのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670012

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  凸凹  芸能デスク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト