MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 宗教

アダムとイブ
【東京雑学研究会編】

§アダムとイブは本当はリンゴを食べていない!?

キリスト教の聖書の中で、アダムとイブはこの世に登場した最初の人類として描かれている。永遠の楽園と言われるエデンの園暮らしていた二人は、ヘビにそそのかされて、禁断の木の実を食べ、それがもとで二人はそこから追放される。この禁断の木の実は、一般的にはリンゴだと信じられている。
ところが、聖書を読むと「園の中央にある木の実」と書かれているだけで、どこにもリンゴだという記述はない。禁断の木の実=リンゴ説が登場したのは、ミルトンが一六六七年に書いた『失楽園』だとされているのだ。
しかし、どうやら西洋では、それ以前にもリンゴだと信じられていたらしい。一説にはリンゴは魔力を持つ果実とみなされていたため、禁断の木の実と考えられたという。なお、ぶどうやあんずだという説もあり、またアダムとイブイチジクの葉で体を隠していたことから、いちじくの実に違いないという説さえある。
リンゴが一般的になったのは、デューラーやホルバインという画家たちが、知恵の木の実をリンゴで描いたからなのだ。そしてそのおおもとの原因をたどると、古代ギリシアにたどりつく。
聖書ができる以前に作られていたギリシアの壺に、リンゴの木とヘビの絵が描かれたものがある。この壺の絵は、ギリシア神話に登場する話で、ヘスペリーデスという女性たちが所有するリンゴ園にある黄金のリンゴをヘラクレスが盗もうとするが、彼女の父アトラスが一頭の竜とともに守ったという物語に基づいて描かれているのだ。ヘビという共通項が、画家たちを混乱させたのだろうか。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670014

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト