MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC社会 > 社会問題

クラッシャー上司
【くらっしゃーじょうし】

 仕事はできるものの、部下を言葉の暴力で精神的に追いつめてつぶし、出世していく上司像を指す。筑波大学医学医療系産業精神医学・宇宙医学グループの松崎一葉教授が命名し、自著「クラッシャー上司 追い詰める人たち」(php新書)で、「部下を精神的につぶしながら、どんどん出世していく上司」と定義し、その人物像を紹介し、警鐘を鳴らした。

 人格を否定したり容姿をやゆしたり、「バカ!」などと暴言を吐いたりする単なる「パワハラ上司」なら、部下が体調を崩して休職したりすることによって問題が表面化し、懲戒的な人事によって問題が解決されるのが一般的だが、松崎教授は「基本的に能力があって仕事ができる。部下は心を病んで倒れていくが、業績はトップクラスなので、会社は問題に気付いても処分できない。結果として、どんどん出世してしまう」と、その危険性を指摘する。

 松崎教授の命名以来、「そんな上司、うちの会社にもいる」などと共感を呼んで話題になり、社会的認知度が高まった。中間管理職教育で「問題のある上司」のモデルとして取り上げる企業も出てきた。(Ando,2017/3)




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425669


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト