MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC社会 > 社会問題

首都直下型地震
【しゅとちょっかがたじしん】

~今後30年以内に発生する確率は約70%~

南関東地方で想定されるマグニチュード(M)7クラスの地震を指す。

南関東ではこれまでも、1703年の元禄地震(M8.1)、1855年の安政江戸地震(M6.9)、1923年の関東地震(関東大震災・M7.9)など大きな地震が繰り返し発生しており、2014年4月政府の地震調査研究推進本部・地震調査委員会発表の長期評価によると「フィリピン海プレートの沈み込みに伴うM7クラスの地震」が今後30年以内に発生する確率は約70%であるとされている。

首都直下のM7クラスの地震が発生した場合、防災対策推進検討会議 首都直下地震対策検討ワーキンググループの報告(平成25年12月公表)によると、揺れによる全壊家屋:約175,000棟、建物倒壊による死者:最大 約11,000人、焼失は最大 約412,000棟、建物倒壊等と合わせ最大 約610,000棟にのぼる火災の多発と延焼、さらに発災直後は都区部の約5割が停電、供給能力が5割程度に落ち、1週間以上不安定な状況が続くなどとし、さまざまな人的・物的被害はもとより、社会・経済への影響も多大であるという被害想定がされている。

きたるべき大型地震に備えて、自らが今のうちに準備できること、そして震災が起きてからの対処法など各自備えておきたい。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425648


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト