MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

国家公務員制度改革基本法
【こっか・こうむいん・せいど・かいかく・きほん・ほう】

国家公務員制度の改革に関する法律

国家公務員制度改革について基本理念や基本方針などを定めた法律のこと。具体的な改革の実施時期は、この法律の施行から5年以内と定められている。

国家公務員制度改革基本法は、内閣官房に「内閣人事局」を設置し、官房長官が作成する原案に基づき、各省庁の大臣が首相や官房長官と協議して任免を行うなど国家公務員の幹部人事を一元的に管理する。また、現在のキャリア制度は解消し、能力本位で幹部候補を育成するしくみを取り入れる

国家公務員制度改革基本法は、6日午前の参院本会議で、自民・民主・公明の3党などの賛成多数で可決、成立した。政府は1か月以内を目途に福田首相を本部長とする国家公務員制度改革推進本部を設置し、改革の総合的かつ集中的な推進に取り組む




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425407


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト