MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

初期雇用契約
【しんき・こよう・けいやく】

フランスにおける若者向けの雇用政策

26歳未満の若者を雇った場合、試用期間の2年間は企業が理由なしに解雇できると定めた契約のこと。フランスにおける若者向けの新しい雇用政策として、機会平等法に盛り込まれた。

フランスの雇用情勢は現在、正社員と契約社員の二極化が進行している。不安定な契約社員から安定した正社員の地位に移るのは難しく、特に学生の間では就職に失望感が広がっている。

フランス政府は、若者の正社員への雇用を促進する目的で、機会平等法を導入した。その法律によると、採用されるときに初期雇用契約を結ぶことで、正社員としての試用期間が設けられる。一方で、採用側の企業に配慮し、試用期間中は理由なしに解雇できるとした。

初期雇用契約の導入に反対する労働団体や学生団体などが、パリを中心にフランス各地で撤回を求める運動を展開している。フランスのシラク大統領は、初期雇用契約を含む機会均等法について、一部を修正したうえで署名する方針を表明した。

なお、フランスでは、国会が制定した法律は大統領が署名することで効力が発生する。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425286


【辞典内Top3】 UberEATS  三本の矢  舌下免疫療法  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト