MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > 経済

景気の底入れ
【けいきのそこいれ】

bottom out

景気の悪化に歯止めがかかった状態になること
後退局面にあった景気が下げ止まり、もうそれ以上は悪くならないと判断される状態になること。通常は、景気循環の谷底にあたると考えられている。
景気変動の理論によれば、生産や投資などが拡大して景気のピーク(山)を超えると、過剰な生産が後退局面へと導き、景気は最も悪い状態である「谷」に向かう。その間に、雇用や在庫の調整が行われ、次の回復局面に向かう準備をしている。
景気の底入れとは、厳密には後退局面の終息を指すだけで、回復軌道に乗るどうかは分からない。しばらくは同じ状態が続くとき、景気は「底ばい」と呼ばれ、回復局面に入るまでに時間がかかる。また、底ばいの後、再び景気が悪化することを「底割れ」といい、景気の浮揚力が弱いとそのおそれもある。
政府は、17日にまとめた5月の月例経済報告で、景気の底入れを宣言した。まだ厳しい状況にあるとの条件つきだが、輸出や生産で回復の兆しが見られることから、「底入れ」宣言に踏み切った。民間のシンクタンクの多くは、今年の1月~3月を景気の谷だったと見ているようだ
ただし、政府の「底入れ」宣言には、市場に対するアナウンス効果をねらう場合が多い。また、いったん宣言した底入れを撤回に追い込まれたこともあったため、前回の景気循環の谷では、正式な「底入れ」宣言は見送られた。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425079


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト