MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ワイン手帳スペイン・ポルトガル > ポルトガル

ポルトガル

ポルトガルを漢字で書くと葡萄牙。日本の4分の1ほどしかない狭い国土でありながら、ぶどう栽培面積は世界8位を誇る。栽培品種もバラエティに富み、それらの多くは昔から引き継いだ独自の伝統品種を保ち、栽培品種の数は300種以上に及ぶ。この国の1人当たりワインの年間消費量は47リットルで、ルクセンブルク、フランスについで世界3位。日本の約2.5リットルとは比較にならないほどポルトガルの人は日常的にワインに親しんでいるようだ。ちなみに初めて日本に伝えられたワインポルトガル産の赤だったといわれる。ポルトガル語で赤ワインを意味する「ヴィノ ティント」を漢字にあてはめ「珍陀酒」(ちんた)と呼んで当時、戦国の武将たちに珍重されたという。

ポルトガルはマデイラとポートに代表される酒精強化ワインがよく知られ、生産量ではスティルワインの赤が全体の5割近くを占める。また、ポルトガルワインに使われるコルク栓の一大産地でもあり、多くの国がポルトガルで加工されたコルク材の恩恵を受けている。

おもな産地

【ヴィーニョ ヴェルデ】軽い発泡性を帯びたフレッシュワインをつくる。白が約7割を占めるが赤もある。

【ポルト エ ドウロ】世界最古の原産地呼称統制地区であるこの産地の畑の景観は世界文化遺産に指定されている。酒精強化ワインのポートと、凝縮感のある果実味豊かな赤ワイン産する

【ダン】しっかりした重厚な赤ワインが生産の8割を占める

【バイラーダ】おもにバガ種からつくられる赤が有名。

【アレンテージョ】近年品質向上が目覚ましいエリア。熟成感のある濃密な味わいの赤ワインを生む。コルクの一大産地でもある。




東京書籍 (著:熊野 裕子)
「ワイン手帳」
JLogosID : 8538798

この辞典の個別アプリ

ワイン手帳
フランスを中心に106種類のワインを収録。産地別の構成で、各産地の基礎知識をはじめ、銘柄の品種、ボリューム感、渋み、価格の目安がひと目でわかるアプリ。

【辞典内Top3】 レルミタ(L’ermita)  シャトー プピーユ(Ch.Poupille)  シャトー ラネッサン(Ch.Lanessan )  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 すし手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「ワイン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:熊野 裕子
価格:1,512
収録数:106
サイズ:17x10.3x1.4cm(-)
発売日:2010年6月
ISBN:978-4487804252

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト