MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

焼酎手帳 > 基礎知識

芋焼酎の基礎知識
【いもしょうちゅう】

お湯割りの魅力を知る

現在ではじゃがいも、山いもなどの焼酎も造られるが、芋焼酎とはさつまいもを原料とする蒸留酒を指す。この芋(さつまいも)は、中南米を原産とするが、日本へはフィリピンから中国、琉球を経て伝わったといわれる。鹿児島へは18世紀初頭に伝わり、芋焼酎の歴史はそこから始まる。特に幕末の藩主・島津斉彬が奨励し、一躍鹿児島焼酎の代名詞なるほどの存在になる。

芋焼酎の楽しさは、種類豊富な原料にある。焼酎に最も適しているといわれる黄金千貫が主流だが、安納芋、紅東、綾紫、ジョイホワイト、蔓無源氏、大地の夢など、香りや甘さ、熟成向きといった個性を持つ品種がさまざまに開発され、それぞれの特性を引き出した銘柄が生まれている。

近年では、軽快で華やかなタイプから重厚で芋らしいコクを持ったタイプバリエーションは豊富で、飲み方もさまざまだが、芋焼酎を飲むなら、お湯割りのおいしさを知るべきだろう。本場鹿児島では、6:4、5:5などに割って、45℃~50℃ぐらいの温度で楽しまれる。また、黒千代香など伝統的な酒器を使って、雰囲気ごと楽しむのも芋焼酎ならでは醍醐味である




東京書籍 (著:監修:SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会))
「焼酎手帳」
JLogosID : 8538500

この辞典の個別アプリ

焼酎手帳
芋・麦・米・黒糖・そば・酒粕など原料でカテゴリーを分け、また都道府県別に分類して有名銘柄の特長とそのラインナップを紹介。誰でも簡単に好みの焼酎銘柄が探せるアプリ。

【辞典内Top3】 一本松  朝日  大分むぎ焼酎二階堂  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 すし手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「焼酎手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:監修:SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)
価格:1,512
収録数:140
サイズ:16.2x9.2x1.4cm(-)
発売日:2010年7月
ISBN:978-4487804221

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト