MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

すし手帳魚卵など >

しらうお

しらうお

月も朧に白魚の篝も霞む春の空―と歌舞伎の名せりふにあるように、シラウオは春の代名詞そして隅田川河口周辺などを産地に、江戸前代表的なすしダネだった。生で食べるようになったのは比較的最近のこと(写真は宍道湖産)。それにしても、芭蕉が「白魚やその白きこと一寸」と称えた、この美しさはどうだろう。黒い瞳をつぶらに張って愛らしく、身はわずかに潮の香を含んで甘い。姿といい味といい、これぞ「握りのアート」か。
躍り食いでられるシロウオとよく間違われるけれどシラウオシラウオ科、シロウオはハゼ科の魚です。




東京書籍 (著:坂本一男)
「すし手帳」
JLogosID : 8003089

この辞典の個別アプリ

すし手帳
すし通必携。 94貫収録。 1貫1貫を丁寧に撮影した握りの写真、素材の魚についての解説・薀蓄など、すし通のための完璧なデータがつまったアプリ。

【辞典内Top3】 いくら  まごち  くるまえび  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「すし手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:坂本一男
価格:1,512
収録数:90貫
サイズ:15.8x9x0.8cm(-)
発売日:2008年8月
ISBN:978-4487802371

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト