MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典5章 いろいろな道 >

海の珍現象
【うみのちんげんしょう】

“モーゼの奇跡”海を割って道が出現!

沖縄の海中道路は、陸地と島を人工的につないだが、自然の力、すなわち川の上流から運ばれた土砂によって、島が陸続きになったという例もある。陸繋(りくけい)島と呼ばれるもので、男鹿半島や江の島、潮岬、志賀島など全国各地で見られる。また、突然海の中に道が現れ、陸地と島がつながるという珍しい現象の起こる島がある。
その名も珍島(チンド)、韓国の南西端にある小さな島だ。本土と珍島大橋で結ばれているため、島という感じはしない。かつては、思想犯の流刑地だったところで、当時の史蹟も残っているが訪れる人は少なく、田畑の広がるのどかな島である
その静かな島に、一年に一度だけ大異変が起きる。珍島と、その南東沖に浮かぶ茅島との間の海水を割るようにして、道が出現するのであるそして、珍島と茅島との間約二kmが地続きになる。毎年四、五月頃の大潮のときに見られる珍現象で、この世にも不思議な現象を一目見ようと、国内はもとより、外国からも大勢の観光客が押し寄せるそして、潮が引くのを待って大勢の人々が一斉に、茅島を目指して歩きはじめるのである。いつ波が打ち寄せるかもしれぬスリル、まさしく“モーゼの奇跡”を思い起させる怪奇な光景である
スケール小さいが、日本でもこれに似た現象の見られるところがある。最も有名なのが、伊豆西海岸最大の観光地の堂ヶ島だ。大潮になると、堂ヶ島とその沖に浮かぶ三四郎島が地続きになり、その島まで歩いて渡ることができる。海の上に道ができるのだ。これをトンボロ現象といい、堂ヶ島のほかにも全国各地で見られる。珍島のように、年に数度だけしか見られないのと違って、大潮のたびに現れる現象である




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060093


【辞典内Top3】 輸送機関  橋の長さ  桜並木  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト