MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典5章 いろいろな道 >

人工河川
【じんこうかせん】

川の道、高瀬川はなぜつくられた?

わが国に自動車が登場するまでは、河川や運河が物資輸送の重要な交通路として利用されていた。今でこそ、川を行き交う船といえば、観光船か釣舟くらいのもので、物資を運搬する船を見かけることはほとんどないといっていいが、かつては全国の河川で物資輸送の船が活躍していたのである。河口には港が発達し、川沿いにも船運で栄えた港が多かった。川船が唯一の交通手段だったという山間の村もあった。
今では到底考えられないことだが、かつては大建築物を建設する際に、資材運搬のための交通路として、人工の川を掘るということがよく行われた。動力がなかった時代、人工河川を掘るのは大変な工事であったはずだが、そうまでしてでも建築資材を運ぶには、陸路より運河を使った方が効率的だったのだろうもっとも、その運河が後世まで利用できるという計算があってのことなのだろうが。それにしても、動力がなかった時代の陸上運送がいかに大変なものであったかを思い知らされる
京都の中心部を、鴨川と並行して流れている高瀬川は、一六〇八(慶長一三)年に造られた人工河川である何でも、東山の方広寺大仏殿を再建するための、建築資材運搬路として掘った運河だという。川底が浅くても運航が可能な、舟底の平らな高瀬舟が使われたことからこの名がある。
名古屋の中心部を流れる堀川も、名古屋城を築城する際、その建築資材を運ぶために掘られたものだという。堀川は伊勢湾から真っ直ぐ北に伸び、名古屋城のお堀に達していることがそれを証明している。このように、物資輸送の交通路として活躍していた川の道が、全国にはたくさんあったのである




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060094


【辞典内Top3】 橋の長さ  掘割式道路  道路の総延長  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト