MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典2章 国道・高速道路の雑学 >

設計速度
【せっけいそくど】

道路の設計速度って何のこと?

設計速度とは、車が安全かつ快適に走行できる最高限度の速度をいい、実際に車が走行できる制限速度のことではない。事故防止の観点から、設計速度より制限速度の方が低く設定されているのが普通である。道路構造令によって道路の種類、等級が決められているが、その種類、等級によって設計速度もおのずと決まる。日本では、時速一二〇~二〇kmの範囲で設計速度が決められる高速道路の方が設計速度が高いのはいうまでもないことだが、その分類法は極めて複雑である
高速道路および自動車専用道路は、まず地方部(一種)と都市部(二種)に分類される。さらに地方部は、一級から四級までランクがつけられ、設計速度は一級が一二〇~一〇〇km、二級は一〇〇~八〇km、三級は八〇~六〇km、四級は六〇~五〇km。都市部は一級と二級に分けられ、一級は八〇~六〇km、二級は六〇~四〇kmというように、等級ごとに設計速度異なる
一般道路も同じように分類され、地方部(三種)は一級から五級まで、都市部(四種)は一級から四級、設計速度も八〇~二〇kmとさまざまだ。
道路を建設する際に、最も重要なのがこの設計速度で、速度の高い道路ほどカーブは大きく、そして坂も緩やかなものにしなければならない
ところで日本最初の高速道路、名神高速の設計速度は何kmか? ズバリ一二〇kmである。だが全区間一二〇kmというわけではない。全線同一の設計測度であることが望ましいが、日本の地形は複雑だ。やむをえず設計速度を下げなければならない区間もでてくる。特に名神高速道路は、わが国初の高速道路だっただけに、技術が未熟であったことは否めない。彦根ICと養老SAまでの間など、一部区間では設計速度が八〇kmで建設されている。




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060031


【辞典内Top3】 橋の長さ  交易路  道路の総延長  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト